ニュース

更新日:2023.01.23

【③美術学科&航空整備学専攻 共同PROJECT】

皆さん、こんにちは。

美術学科との共同PROJECTも作業中盤まで来ました。

旧塗装の剥離、研磨の作業で下地が露出した部分についてアルミニウム合金用の表面処理剤であるアロジンを塗布しました。アロジンとは防護被膜や塗料の密着性向上を目的とした化成被膜処理の一種で主にアルミニウム合金部に使用されます。授業ではサンプル材で行いますが今回は実機への塗布となりました。形状によって垂れたりするので塗布する量など注意しながら丁寧に塗布しました。完全硬化まで72時間を要します。

(アロジン塗布作業)

その後、塗装しない部分をマスキングしていきます。WINDOWは勿論のこと、エンジン回りやアンテナに加え、静圧孔やスタティックデスチャージャーなども丁寧にマスキングします。

(マスキング作業)

いよいよ、次は下地塗装と上塗り塗装です。作業完了次第、報告していきます。(杉本)